【4日目】オナ禁には大豆イソフラボンが効果的な話

Pocket

オナ禁と大豆イソフラボン

3日目にムラムラしてリセットしそうになったので、ネットでリセット対策を呼んでいるとオナ禁のムラムラには大豆がイイという話がありました。

さっそくお昼に豆乳を買ってゴクリ!

そのおかげか、今日はムラムラせずに、4日目を達成しました。

なぜ大豆がオナ禁のムラムラを解消するかというと、大豆の中の成分が女性ホルモンと同じような働きをして性欲が落ち着くようなんですね。

他にもノコギリヤシというサプリメントでも同じような効果があるそうです。

大豆イソフラボンの効果

大豆イソフラボンには性欲をおさえるだけでなく以下の効果もあるそうです。

  • 冷え性改善
  • 憂鬱感の改善
  • 記憶力UP
  • 倦怠感の改善
  • 全身の倦怠感の改善

さらには大豆イソフラボンにはヒアルロン酸やコラーゲンの合成を促進する効果と皮脂の分泌を抑える効果があるようです。

つまり健康にも美肌にもいいんです。

そういえば心なしか顔がいつもより油っぽくない気がしますね。

大豆イソフラボンはビタミンCと同時摂取するとさらに効果的だそうです。

肌がきめ細やかになったり、老けにくくなったり、男性だと顔が中性的になっていくといっている人もいます。

4日目に現れた効果

睡眠時間が短くなり目覚めが良くなる

3日目の時にも感じましたが、4日目にはさらに目覚めが良くなりました。

感覚的には起きるときに「よし、起きるぞと」と気合を入れないと起きれなかったのがすくっと起きれるようになった感じです。

睡眠時間としては6時間くらいで、一般的な睡眠時間かなと思いますが今までは8時間寝ても起きるのがきつかったのですが、今はそれがないですね。

ヒゲの伸びがさらに遅くなる

こちらも3日目と同じですが、今日もヒゲを剃らずに会社に向かいました。

この効果は女性ホルモンが増えているということなんですかね。

女性の中には男性のヒゲが生理的に無理という人がいるそうです。それを考えるとオナ禁したらモテる効果の一つなんではないですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です